一般社団法人 泉州メディカ

Topicsお知らせ

2019.05.08
新着情報

協和薬局

在宅訪問担当して約2年

○○さんの在宅訪問を担当するようになって約2年になります。

質素ながらいつも整理整頓されたお部屋になっており、訪問当初はご自身も服装に気を配る様子がみられました。

当初は訪問するとダイニングに座って待っておられましたが、半年ほど前からは体調がすぐれないようで、ベッドに横になられたままのことが多くなりました。

今年の夏以降は食欲も無くなり、薬剤の調整などもしていますが、体調と共に気持ちが弱くなっているのが見受けられました。

そして先日「もうお迎えが来るかもしれない」とお話されました。

 

このような発言をされたとき、いつもどうお答えしてよいか、一瞬言葉に詰まってしまいます。

 

「大丈夫だよ」「そんなことないよ」と言葉にするのは容易ですが、簡単にそのようなことを言わない方が、このような言葉を口にしたときのお気持ちを想像すると、尚更どのような言葉をかけてあげればよいのか、「共感する」とはどういうことなのか、迷ってしまいます。

 

幸い○○さんの体調は回復しつつあり、食欲も増してこられ、最近は再びダイニングに座って待ってくれています。あの日以降、このような発言はされていません。

 

これからも自問自答の日々が続きます。