一般社団法人 泉州メディカ

Topicsお知らせ

2021.02.03
新着情報

タンポポ薬局

多職種協働

近隣の施設の担当となり、6か月が過ぎるころ同僚の薬剤師がここの施設は塗り薬の減りが遅いよねえと話していました。施設の薬剤をセットし、残薬を確認しているのですが、皮膚保護剤が残っていることが確かに多かったです。薬剤をセットする際に施設の担当者に皮膚保護剤の塗り方を確認してみると確かに少なく塗っていました。その場で塗り方を説明したところ、できれば施設の方全員にして欲しいと希望が出ました。それじゃ勉強会をしてみましょうと安請け合いをしたものの案外難しく、以前皮膚保護剤の塗り方を説明して頂いたメーカーさんに資料を請求することにしました。すぐに資料を持ってきていただき事情を説明すると、それなら僕が説明しましょうか、施設等でもしていますし、大丈夫ですと請け負っていただけました。早速施設の担当者の方に伝えて日時の設定をしてもらい開催に漕ぎつけました。

皮膚保護剤の塗り方の勉強会にはケアマネージャーや看護師・ヘルパーなど総勢23名の出席があり、大変盛り上がりました。施設の職員の方にも好評で、今まで少なすぎた、これからはもっとたくさん塗るようにすると話していました。

施設の方にも常に相談でき、いつでも話せる環境を作ることによって適切な薬剤情報を提供でき、いろんな人と色んな職業の方と協働してより良い治療環境をみんなと作っていけると実感しました。