薬剤師新卒エントリー

先輩からのメッセージ

笑顔の絶えない楽しい職場で 【本部 千裕 ・ 神戸薬科大学】
私は今年入社したばかりの新入社員です。ほんの数ヶ月前まで薬学生でした。この会社に入社をしたのは、薬局実習の時にお世話になった事がきっかけでした。その後も医療事務のアルバイトをさせて頂き、社風がとても自分に合っているなと感じ、そのままこの薬局への就職を決めました。職場は、明るく優しい人たちばかりで、薬剤師の年齢層はバラバラですが、チームワークも良く、いつも笑顔が絶えず、本当に楽しく仕事をさせて頂いてます。

実際に現場で働いてみて思うことは、薬剤師は日々勉強であるという事。薬の成分だけではなく商品名も覚えないといけないなど、学生時代も覚えることが多いなと感じてましたが、社会人になっても覚えることがまだまだあって、知識不足を実感しています。入社してからは、在宅訪問も経験させて頂き、実際にご自宅まで出向いて、その方の生活を見ながらお話ができるので、より丁寧な服薬指導をすることができました。患者様に対する理解も深まりましたし、外来とは違う患者様との接し方を学ぶことができ、とてもやり甲斐を感じました。今はまだ、助けてもらうことばかりですが、いつかは私もしっかりとしたスキルを身につけ、後輩を助けられるような薬剤師になりと思っています。

私がこの薬局で魅力を感じることの1つに、医療に携わる他の職種の人(医師・看護師・理学療法士など)と交流ができるということがあります。病院との繋がりが強いので、定期的に合同で研修が開催されることがあるのですが、単科大学出身の私にとっては、関わりが広がり、とても充実感があります。研修では共通の患者様を通じて色々なフィードバックがあり、チーム医療のあり方なども勉強できるので大変有意義な場です。もちろん、研修の場だけではなく、仕事においてもしっかりと連携を取ることができているので、患者様の情報を共有するのも、とてもスムーズです。それに加えて、仕事を終えてからも一緒に食事をしたりすることも度々あるので、そういうところからも連携が取りやすい環境が作れているのかなと感じています。

最後に薬学生のみなさんへ
いま学生生活を振り返って、やはり私の中では実習の経験はとても大事だったなと実感をしています。私のように、そこに縁があることもあるので、しっかり学んでくださいね。あと、国試前の勉強は、私の実体験から、計画的に取り組むことをお勧めします!笑
チャレンジする心を大切に! 【和田 憲周 ・ 近畿大学】
私が新卒で入社をしてから、はや17年が経ちました。現在は協和薬局で薬局長として勤務をしております。一緒に働く仲間とは常にコミュニケーションを取ることを意識して、オープンで明るい職場づくりを心掛けています。そういう環境だと、おのずと意識も高まり、向上心もアップしているような気がしています。

私が若いみなさんに望むことは、失敗を恐れずに自分がやりたいことに、どんどん挑戦してほしいということですね。失敗をマイナスに捉えるのではなく、1つの貴重な経験と捉え、次のステップアップの糧にしてほしいと思います。人間は経験を積まないと成長できません。前向きな失敗であれば、たくさん経験して下さい!

チャレンジできるということでは、私は本当に恵まれた環境を与えて頂いたなと感謝をしています。入社して2〜3年目の頃、自社をアピールするツールとして、ホームページを作ってみたい!と会社に提案をしたところ、入社して間もない私に、「やりたいことがあるならやってみればいい」と全てを任せてもらいました。また違う提案では、薬局製剤を販売してみたいと申し出たところ、会社が協力的に動いてくれ、実現が可能になりました。

現在、私は漢方薬の認定薬剤師の資格を保有しているのですが、婦人科の処方で漢方を出すところが多く、自分の知識の幅をもっと広げたいと感じ取得をしました。そこでも会社から認めて頂き、資金面でバックアップをして頂きました。その他、サプリメントアドバイザーなどの資格取得に関しても会社が積極的に支援をしてくれるので、私たち働く薬剤師にとっては非常に有難く、優遇された制度だと思います。

色々なことに挑戦することで、もちろん苦労もありましたが、何より会社が理解を示してくれ、支援をしてくれたことで自分が成長できているのだと実感をしています。まだまだ、挑戦したいことはたくさんありますが、自分の成長が結果として、会社への貢献になればと思います。次は海外にも目を向けて自分のスキル向上を図って行きたいですね。

色々なことにチャレンジすることで、自分を成長させ高めていきたいと考えている方、是非一緒に働きましょう!
患者様との距離の近さに魅力を感じて 【山本 明美 ・ 神戸薬科大学】
私がこの薬局を就職先として選んだのは、患者様との距離が近く、密なやり取りができるところに魅力を感じたことが一番の決め手でした。それ以外にも連携している病院との関わりが持てる研修がありスキル面で成長ができることや、病院との交換制度で薬剤師としての仕事の幅を広げるチャンスがあることを知りました。それが後押しとなって、入社の意思を固めました。

就職先として調剤薬局を選んだのは、学生時代の実習で、はじめて患者様と接し、お薬のことだけではなく、取り巻く生活環境を含め色々なお話しをすることで、心の触れ合いによって築かれる信頼感というものを知ることができたからです。逆に病院実習では一切患者様と接することがなく、何か物足りなさを感じていました。この経験から、調剤薬局ならば患者様としっかりと向き合いながら、患者様の目線に立って医療に従事できると思いました。

社長との距離も近さも当社の特徴でしょうか。昼休憩の時などに、業務を手伝ってくださることがあり、気づけば横に!ということもしばしば(笑)。気兼ねをせずに社長を含め全員で助け合いながら、楽しく仕事をしています。
休暇もしっかり取ることができるので、守られた環境で、働き方にも融通がきく会社だと思います。

入社して2年目なので、まだまだわからないことがたくさんありますが、諸先輩の方々が丁寧に指導してくださるので、安心して働くことができています。教えて頂いたことを1つでも多く吸収して自分の知識にできるよう日々努力ですね。そんな積み重ねの中で、患者様から質問を受け、しっかりと答えることができた時はとても嬉しいですし、仕事のやり甲斐を感じます。逆に答えることができなかった時は悔しいですし、まだまだ勉強しなければと痛感します。これからの目標は、「このことだったら齋藤さんに聞けば大丈夫!まかせて安心!」と思ってもらえるような薬剤師を目指したいと思っています。

後輩の皆さんとお互いに切磋琢磨しながら一緒に働ける日を楽しみにしています。

pagetop