調剤薬局とは

地域医療

地域の人々に貢献できる薬剤師を目指して

医療機関との連携

医療機関との連携 わたしたちの薬局は、患者さんを中心に、医療機関と密接に連携しながら医療活動を行っています。
患者さんの医療・生活をめぐって医師や看護師などの関係スタッフとカンファレンスを頻繁に行うと共に、得られた情報は、欠かさずスタッフへフィードバックしています。また在宅で療養されている方を出来る限り薬剤師が訪問し、調剤や医療に生かしています。患者さんの目線で、その患者さんにとってどのような医療が最適化を医療機関としっかり連携しながら考え、薬剤師としてできる最大限の貢献をする、これが、私達の薬局活動の基本です。

地域での保健予防活動

お薬手帳 日ごろの研究活動で得られた知識や情報を、地域に還元していくのも私たちの重要な役割です。
「お薬手帳」を利用した薬局の窓口でのわかりやすい服薬指導や相談はもちろん、患者会や市民講座等に参加してくすりの知識の講演、懇談会などの活動を積極的に行っています。また、社会保障制度や医療制度など、社会に目をむけ、だれもがより良い医療を受けられるよう改善のために努力もしています。薬害ヤコブをはじめとした、薬害問題についても解決のために積極的に取り組んでいます。

薬剤師としてのスキルアップ

スキルアップ 地域の医療に貢献していくためにも、薬剤師としての知識・技術の向上は欠かせません。
わたしたちの薬局では、入社してすぐの新人研修、中堅薬剤師を対象にした中堅研修のほか、病院研修などの独自の研修制度を設けています。また、大阪民医連の薬剤師会の学習会や交流会、新薬チェックや副作用モニターなどの研究活動にも積極的に参加しています。さらに、学会や研究会などへの参加を奨励し、全国的な動向や先進的な取り組みを常に学習し、研修しています。

より安全な薬を求めて

患者さんの立場に立った全国ネットワーク
 わたしたちの薬局は、患者さんの立場にたって、だれもが平等でよりよい医療が受けられることをめざした、全日本民主医療機関連合会(民医連)に加入しています。民医連は全国で1000を越える医療機関や保険薬局が参加する連合体です。保険薬局だけでも全国で約344薬局にものぼり、大阪民医連の保険薬局は4法人、34薬局が加入しています。大阪民医連には、160人の薬剤師が働いています。民医連では医療機関の薬局、保険薬局が垣根をこえて交流しています。日常的に情報を交換しあうとともに、薬剤師会をつくり、副作用モニターや新薬チェックなどの研究活動を共同で行っています。こうした全国ネットワークを通して、わたしたちはくすりが使われる現場での貴重な情報をいち早く入手できます。また、薬害問題など単独の薬局だけでは解決できない問題も、民医連の全国的な力を借りながら取り組むことができます。

pagetop