調剤薬局とは

在宅医療

在宅で療養されている方、一人では通院が困難な方のご自宅へ、
薬剤師がおうかがします。
 高齢化が進む中、医療機関での通院や入院による治療から、自宅で医療機関が訪問して治療を継続していく在宅医療が推進されてきています。 泉州保健医薬研究所薬局グループでは、医療機関の依頼に基づき、医師、訪問看護師、ケアマネージャー、施設スタッフと連携して患者様のご自宅や各高齢者施設を訪問しています。
 また、薬局での投薬時に気になる患者様にもアプローチして訪問しております。 自宅に赴いて生活状況や服薬状況、効果の確認、副作用のチェックをして、お薬に関する説明や相談に応じ、食事、排泄、運動、睡眠などの状態を聞きながら患者様が自宅で安心して療養できるように支援しています。

パンフレット「薬剤師による在宅医療」

在宅での療養の流れ

 
  • ご自宅で療養されている方を対象に、薬剤師が薬を持ってご自宅へ伺い、お薬の服薬方法や管理の仕方をご説明いたします。ご希望のある方はお近くの薬剤師にご相談ください。薬剤師が行うサービスは介護保険または医療保険の対象となります。
  • 1.かかりつけ医師の診察
    2.処方箋発行・訪問指示
    情報提供
    3.薬剤師の訪問
    4.医師及びケアマネージャーなどへの報告
 
地域包括における薬局

pagetop